QLOOKアクセス解析

プロバイダとは

イメージ画像

プロバイダとはインターネットをする上でとても大切な役割を担うものです。インターネットを私達の家や会社まで届けてくれるものを回線業者といいます。


一方、ホームページへ接続する時に必要なのが接続業者と呼ばれるプロバイダが必要になります。つまりインターネットをするには2つの業者が必要になるわけです。


回線業者は光やADSLといったものを指します。つまり、インターネットでつなげてくれる役目を担うのです。そして、プロバイダはOCNやBIGLOBEといったところをいいます。ホームページへ接続してくれる役目を担います。


これにより、様々なホームページへ接続する事ができます。ホームページへ接続するまでのスピードや安定性に関しては回線業者の影響が大です。


2つの業者への加入がインターネットを楽しむ絶対条件になるわけです。これはパソコンでのインターネットに限られます。携帯などではプロバイダは不要となってます。回線業者だけでつながるようになってます。


ホームページへつなげる時にアドレスがあります。このアドレスを思い出してみてください。


http://www.○○○○.com/


wwwとありますが、これはwwwサーバーへつなげる事を指します。インターネットにはwwwサーバーへ一旦つなぎそこで○○○○.comというサイトを探すのです。


プロバイダはこの様にホームページへつなげる業者なのです。それだけでなく、プロバイダはメールアドレスを与えてくれて、メールによる通信も可能にしていてくれます。


プロバイダによってはオンラインショッピングの決算サービスを提供しているものもあります。プロバイダはインターネットにおける様々なサービスを提供している企業なのです。


だから、プロバイダを安いだけで選ぶのではなく、サービスの良いところを選びたいものです。安いところですとメールアドレスがオプション扱いになってたり、サポートが雑だったりといざという時にサービスしてもらえずに不愉快に感じたりする事があります。


だからこそプロバイダは良質でサービスの良いところを選びたいものです。少しの事でプロバイダ会社への不信感などが出たりしますので、最初から人気のあるところやサポートの良い所を選ぶ方が後々良い結果になると思います。


サブコンテンツ

プロバイダー乗り換えランキング

このページの先頭へ