QLOOKアクセス解析

プロバイダ乗り換え後の設定方法について

プロバイダを乗り換えるためにはインターネットの接続業者そのものを変更させる必要があります。

勿論接続業者を変更したらすぐにインターネットが使えるようになるという訳ではありません。

プロバイダを乗り換えると企業によっては設定変更などの様々な手続きを行わなければならなくなることもあります。

例えば無線ルーターの設定変更です。

インターネットを使用するためには無線ルーターの設定を行う必要があります。


無線ルーターの設定にも様々な種類があり、

  • ・PPPoE認証接続設定
  • ・IPアドレス自動取得接続設定
  • ・IPアドレス固定接続設定

などがあります。

プロバイダを変更されるとこれらを再設定する必要が出てきます。

プロバイダの変更手続きを申し込んでから設定の変更をし終わるまでには多くの時間を費やすことになります。


しかし、企業によっては短い時間で設定を変えられることもあります。

例えば楽天ブロードバンドの場合。

楽天ブロードバンドの変更手続きの申し込み方法というのは非常に簡単です。

楽天IDやパスワードを入力することで多くの項目が自動的に記載されそのままプロバイダの変更手続きを申し込むことができます。

また、モデムやルーターなどの変更手続きも数分程度で完了できてしまいます。

変更手続きなどによって丸一日インターネットが利用できなくなるということがありませんので安心してプロバイダを変更させることができるでしょう。


ルーターやモデル以外の設定変更を行わけなければならないこともあります。

例えばメールの設定変更です。

プロバイダを乗り換えると以前使っていたメールアドレスでメールを送受信することができなくなってしまいます。


また、溜まっていたメールも全て削除されてしまうことが多いです。

プロバイダを乗り換えたら新しいメールアドレスを作成しなければならないということを頭に入れておく必要があるでしょう。

プロバイダを乗り換える際皆さんはどこに目をつけているでしょうか。

料金の安さで選ぶ方というのは多いことでしょう。

少しでも安いプロバイダ料金を選べばお金を節約できる訳ですから。

また、サービスやキャンペーンなどの特典を重視する人も沢山いるでしょう。

しかし、プロバイダ乗り換えの設定にも目をつけておく必要があります。


前述したようにプロバイダを乗り換える際に行わなければならない設定というのはなかなか面倒なものが多いです。

設定内容を手短に変更させることができればプロバイダを乗り換えてもすぐにインターネットを使用することが可能です。

プロバイダ乗り換えの設定変更もインターネットを使用するためには大切な要素になるということを覚えておいてください。


サブコンテンツ

プロバイダー乗り換えランキング

このページの先頭へ